車検費用も自社ローンを利用できます!

<%自社ローン,車検%>

車検を通すだけでも自社ローンを利用することができます。
過去に自己破産やブラックリストに載ってしまった方や通常のローンが通らない方でもでも安心!
車の車検が近づいているあなた!車を買い換えようか今の車を車検に通そうか迷っているかと思います。
車検費用を自社ローンで対応してくれる民間の車検・整備工場・中古車販売店は全国にあります。

無駄な車検費用をかけずにまた2年継続してあなたの愛車に乗ることができます。
車検というとディーラーか民間の車検・整備工場・中古車販売店等になると思います。ディーラーは車検が高いというのは事実です。
実際に見積もりをかけた時の参考費用を記載してありますので、確認してみて下さい。

 

自動車ディーラーの場合

【法律で定められている費用】
・自動車重量税⇒約25,000円
・自賠責保険⇒約25,000円
・印紙代⇒約1,500円
【基本費用】
・24ヶ月定期点検料⇒約20,000円
・継続検査料⇒約10,000円円
・検査代行手数料⇒約15,000円

 

合計金額⇒約96,500円

 

民間の車検・整備工場※自社ローンで車検を通せる工場・中古車屋

【法律で定められている費用】
・自動車重量税⇒約25,000円
・自賠責保険⇒約25,000円
・印紙代⇒約1,000円
【基本費用】
・点検、検査費用→約20,000円

 

合計金額⇒約71,000円

 

自動車ディーラーと民間企業との車検金額の差額

 

差額金額⇒25,500円

 

ディーラーの車検が高い理由としては、
点検で交換部品等があれば、すべて純正品の新品との交換となる為、費用が高い。

 

また、広告宣伝費、人件費(整備士、営業マン)、土地代賃貸にお金をかけている為、サービス自体の金額を上げざるを得ないのです。
それに比べ、民間の車検を扱っている工場や中古車屋は交換部品も程度の良い中古品を用意してくれるということです。
広告宣伝費などのコストもかけていない為、格安で車検を通すことができます。
ローンが組めない方でも自社ローンで車検を対応してくれる民間の工場や中古車屋は全国にあります。
ディーラーは間違いなく、自社ローンで車検を通す事は難しいです。

 

ディーラーで車検を通すメリット・デメリット

メリット

・交換部品はすべて新品と交換になる為、安心。
・定期点検等を実施してくれる為、事前に故障を回避できる。

 

デメリット

・費用が高い。
・必要のない部品まで交換されるケースがある。

 

民間の工場や中古車屋で車検を通すメリット・デメリット

メリット

・ディーラーに比べ、車検費用が安い。
・車検を通す時間が短い。

 

デメリット

・交換部品が中古になるケースがある。
・主要部分の検査のみになるケースがある。

車検費用を自社ローンで支払うことのできるお店を探す方法

 

<%自社ローン,車検%>

自社ローンを取り扱っている店舗に「自社ローンで車検は取扱っていますか?」とメールで質問してみましょう。
⇒メールでの「依頼方法」は事前に確認してください。